風邪をひいたら食べたいもはこれだった!?

風邪をひいてしまったら食欲も落ちますし、食べたくないと思う人は多いかと思いますが、風邪をひいた時こそしっかり栄養と水分と睡眠を摂取する必要があります。

風邪をひいた時だからこそ食べたい物として挙げられるのが、身体を温める食べ物、エネルギーとなる糖質、新陳代謝を高めるたんぱく質、免疫力を上げるビタミンCなどです。

 

身体を温めることができる食べ物として生姜やネギ、ニラなどが挙げられます。おかゆの薬味としてやジンジャーティーなどにしてさりげなく摂取すると無理なく食べられます。

 

糖質としてお勧めなのは消化の良いうどんやおかゆです。

 

 

普通のご飯だと食べにくさもありますし消化も悪いですが、うどんやおかゆは柔らかくのど越しもいいですし、同時に水分も含んでいるので風邪の時に必要な水分補給もできます。

 

新陳代謝を高めるたんぱく質としてお勧めなのは卵です。

 

 

卵は栄養豊富で滋養強壮にいい食べ物として昔から重宝されてきました。おかゆに入れたり、卵酒にして飲んだりすることができるので手軽に摂取することができます。

 

 

また、豚肉やレバーもビタミンが同時に摂取することができておすすめです。

 

そしてビタミンCの摂取におすすめな食べ物は、みかんをはじめとする柑橘類です。咳や痰を鎮める効果も期待できるため、風邪で苦しい症状を和らげることができます。

 

その他にも緑黄色野菜も沢山の栄養素が含まれているため、食欲があるようであれば積極的に摂取することをおすすめします。

 

ただ、いちいち野菜や食材を購入するのが

面倒だ・・・と感じている方は、サプリメントが

おすすめです。

 

 

サプリメントなら持ち運びはもちろんの事

手軽に服用する事ができるので、とっても

便利です。

 

 

といっても、どんなサプリメントが効果あるのか

分からないと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

 

そんな方は、

>>ブロリコの効果は本物!?

をご覧ください。

 

 

非常に多くの成分を配合した

サプリメントなので、体調を整えるのには

良いかもしれません。

 

 

 

糖尿病になったら食べてはいけない食品とは

糖尿病の患者さんは、インスリンが十分に機能しないせいで健康な人よりも血糖値が高い状態です。

 

 

分かりやすい自覚症状がほとんどないので気が付かない間に進行してしまうことも珍しくありません。

 

 

そのままにしておくと失明の原因になったり、がんの罹患リスクが上昇することがわかっています。一回発症してしまうと完治しないので、怖い病気ですよね。

 

でもそんな恐ろしい糖尿病も、食事療法で症状の進行をコントロールさせることができます。

 

 

食べてはいけない食品を覚えて、食事に工夫をすることで病気の罹患リスクを下げながら健康的に過ごすこともできるんですよ。

 

 

主に血糖値を上昇させる食品を避けるのが望ましいと言われていますが、具体的にはどんなものが駄目なのかあまり知られていませんよね。

 

 

簡単に言ってしまうとスイーツ類やアルコール類は出来る限り避けた方がいいでしょう。甘いものが好きな女性やお酒を飲むのが好きな人にとっては辛い決断だと思います。

 

 

でも、ノンアルコールのドリンクや低糖質スイーツなど糖尿病患者の方でもストレスなく自分の好物を楽しめる環境は整っているので、あまり悲観しないことです。

 

他に食べない方がいい食品は、果物全般・ピーナッツバター・イモ類などです。果物は甘く味付けしたフルーツの缶詰やイチゴ、リンゴなどを避けるようにしましょう。

 

 

特定の食品を避けながら献立を考えるのは大変なので、糖尿病の患者さん用の宅配食を頼むのも一つの方法ですね。

 

 

更年期と夫源病

40歳を超えた頃から、とにかくだるくて、やる気が起きず、自分でもどうしようと思う位に無気力になりました。

 

 

そして、偏頭痛が頻繁におきるようになり、生理不順になり、頭皮が痒くてフケが出るといった症状にも悩まさせるようになりました。

 

 

ネットで色々症状を調べているうちにこれは更年期では無いかと思い始めました。

 

 

更年期というのは50歳前後から始まるものだと思い込んでいたのですが、実際は45~55歳、プレ更年期は40歳からでも始まるとの事で、症状はかなり当てはまっていました。

 

 

それと同時に、夫が会社での愚痴が酷くなり、夫が帰宅する時間が迫ってくる時間や、休日に夫が在宅時に憂鬱になったり、偏頭痛の起きる回数が多いように思っていた矢先に、TV番組で夫源病について見まして、我慢から体調不良にもなっているのかな・・・と思いました。

 

 

二年ほど続いた後、思い切って毎日適度な運動やストレッチ、筋トレを家でできる範囲で始めたら、症状は随分改善されてきました。

 

 

笑顔でいられるように日常生活を見直す

「病は気から」と言いますが、それも一理あると思います。
やはり、体調が悪くても気力で頑張ることで不快な症状を軽減できることもあるからです。

 

 

年齢とともに体のいろいろな部位に痛みを生じてきますが、若いころから体の不調に悩んでいる場合は、さらに辛くなります。

 

しかし、体の痛みや、体が動きにくい不便さには慣れているため、いい意味での開き直りができるかもしれませんね。

 

 

体調の悪さを強く感じるのは、精神的なストレスが大きいときではないでしょうか。

 

イライラしたり、ハラハラしたり、いろいろな場面でのストレスは思った以上にあります。

 

そのため、自分の弱い部分に出てくるのだと実感することも少なくないのです。

 

 

もし、体調の悪い状態が続くときは、ふて寝するなどの大胆な行動も必要かも……。

 

また、テレビのお笑い番組を観て笑うだけでも、マイナーな気分が吹っ飛ぶこともあります。

 

むしろ、笑顔でいられるように、日常生活を見直すことが大事ではないでしょうか。

 

 

私の体調がすぐれなかった理由

私は20代になって働き始めるようになってから、「頭痛」「耳鳴り」「めまい」に悩まされるようになりました。

 

そして最近開腹手術を受けたのですが、傷はしっかり治っているのに、頭痛やめまいがあらわれると同時に「手術のあとの傷のうずき・痛み」も起こるようになりました。

 

 

痛み止めの薬を飲むと一時的には良くなりますが、効果が切れるとまた悶々と頭痛やめまい、傷のうずきがやってきます。

 

 

それに、痛み止めの薬はとても強い薬なので、頻繁に飲むのも不安でした。

 

 

そこで私は「どんなときにこの症状があらわれるんだろう?」という事に着目しました。

 

もしこの原因が突き止められれば、少しでも症状が楽になるかな、と思ったからです。

 

 

そしてその日から症状があった日にはその時の状況をメモで残しました。

 

3か月ほどたった時にメモをまとめてみると…。

 

なんと「雨の日」、または「湿度が高い日」にそのような症状が出ている事がわかったのです。

 

 

ネットで検索してみると、雨の日に頭痛になる人は結構いるようです。

 

対策はこれから考えていこうと思っていますが、原因がわかっただけでも心が楽になりました。

 

 

いぼ痔に関する体験談

ことの発端は、友人と旅行にいったときでした。

 

 

昼ごはんに食べたカキがあたったのか、5分おきにトイレに駆け込む事態に!その際出先のトイレだったため、普段使っているウオシュレットがついていませんでした。

 

 

しょうがなくトイレットペーパーで拭いていたのですが、紙質が硬かったために拭きすぎて出血してしまいました。

 

 

なんとか腹痛も収まり、その日は何事もなく家路についたのですが、異変が起きたのは翌日からでした。

 

 

排便時に激痛が走るようになったのです。

 

 

こういったことは過去にもあったため、そのうち治るだろうと気にしないでいましたが、さらに数日後、肛門の一部が腫れあがってしまい、普通に動くだけでも激痛が走るように。

 

 

「もしかして痔かな?」と思い、市販薬を患部に塗ってみましたがまったく効果がなく、どうしようもなくなった私は肛門科に駆け込みました。

 

 

医者に患部をみせたところ、「いぼ痔だね」と言われ、腫れていた部分を肛門にねじ込まれました。

 

 

最初はあまりの激痛に涙を流しましたが、患部が中に入ると、痛みはすっかり治まったのです。

 

 

見ていただいた医者曰く、「いぼの部分が外に出てくると血液の流れが悪くなり腫れあがるため、出てくるたびに戻せばその内小さくなるよ」とのこと。

 

 

それからしばらくはいぼを肛門に押し込む作業を繰り返し、一週間ほどでようやく痛みが無くなりました。

 

 

 

Just another WordPress site