日頃の無理がたたり体調不良に!?

最近体調不良が続いていて原因を考えると、秋に無理をして働いた身体が悲鳴を上げ、寒くなり急な気温の変化に体がついていかなかったことだとわかりました。

 

勿論、日ごろのストレスや睡眠不足も関係すると思いますが、年を重ねるごとに無理が通用しないようになり、季節の変わり目に必ず体調を壊してしまいます。

 

 

治りも悪く何週間も体調がすぐれないまま過ごすことになります。

 

体調を壊してしまうと精神的にも参ってしまうので、そんな時は無理はせず身体を休めるようにしています。

 

後、日頃の運動不足もあってか、治療に行くと必ず筋肉が凝り固まっていると言われます。

 

 

温かい湯船に肩までつかり、風呂上がりのストレッチをして筋力をつけるようにアドバイスされました。

 

アドバイス通りに続けると、血行が良くなっているのが自分でも分かるようになり、手足の冷えや全身の凝りがほぐれたように思います。

 

年末に向けて慌ただしくなりますが、若いからと言って無理は禁物だと思います。体調が悪い時は、休む勇気も必要ですね。

 

 

下痢三昧の日々は準備が大変

神経質な性格も影響しているのでしょうが、神経から来る胃腸障害と日々、同居しています。

 

 

飲み過ぎたり、食べ過ぎたり、寝不足などすると、すぐに胃腸に負担がかかり、腹痛を伴う下痢に繋がります。

 

 

一般の市販薬では全く効果がないので厄介です。

 

 

医師から処方される薬を飲んだとしても症状は緩和されますが、完全に解消するわけではないです。

 

 

その日の体調と合わせてストレスがかかる場面になると、下痢症状が出てきますから、毎日、トイレの場所を把握しておくことと、下痢が来そうな時には事前に必ず数回はトイレへ行く必要があります。

 

 

対処法として、食べないことが良いのですが、食べないとどんどん体重が減って行くので困ったもんです。

 

 

水分もあまり取らないようにしています。

 

 

そんなこんなで、外出する時にはプライベートであってもとても気が張っています。

 

 

人混みだとドッと後になり疲れます。

 

 

ストレスが少なく、自分独りで仕事が出来て、安定した収入が得られる職場が欲しい心境です。

 

 

糖質過多の食生活で体調不良に

日中なんか頭がボッーとして集中力が続かなかったり、時々ひどい空腹感に襲われたり、理由もなく動機や手の震えが起こることがありました。

 

当時は理由も分からず、健康診断や内科に診てもらっても特に異常はないと言われ、何か脳や精神面で異常があるのではないかと恐くなりました。

 

けどこれらの症状は食事の内容を見直したことでかなり改善することができました。

 

私の体調不良の理由は糖質の摂りすぎにあったのです。

 

当時なにも知らなかった僕は、糖分は脳の栄養だからなと意識的に甘い物を多くとっているくらいの食事を送っていました。

 

しかしそれこそが大きな間違い。そもそも脳の栄養という点では糖分よりも脂質の占める役割のほうが大切だと最近は言われています。

 

むしろ空腹時に糖質をとることによる血糖値の乱降下は身体にとても大きな負担を与えてしまいます。

 

僕は今では小麦粉や加工された糖質はとらずに、果物や蜂蜜に玄米を中心に糖質をとっています。

 

今では激しい動機や手の震えなどの症状がでることもなく快適に過ごせています。

 

皆さんも身体の不調を感じたら、病院にいって薬をもらう前に自分の食生活を見直してみると良いと思います。

 

周りからは、ストイックだねー、それ苦行じゃね?とか言われたりもしますが、食べる食材などを考えながら食べるのって意外とやってみると楽しいですよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です